Pocket

PPW_kanransyanomininyua_TP_V1

障害者手帳を所持していると、様々な場面で割引や優遇を受けることができます。

本日は、関西で障害者手帳割引で遊ぶには、どこが一番お得かをランキング形式で紹介したいと思います。

今回は関西編のみの記事になります。他の地域のお得度ランキングは以下のリンクを参考にしてください。

>>東京都内 テーマパーク、障害者手帳割引額ランキング

>>全国編 一大テーマパークの障害者手帳お得度ランキング

第8位 ポルトヨーロッパ(和歌山)

まず初めにご紹介するポルトヨーロッパは、和歌山県にあるテーマパークです。

入園は無料で誰でも気軽にヨーロッパの気分を味わうことができます。

障害者割引については、障害者と付添人1名のスタンダードパスが割引対象となります。

大人(中学生以上) 小学生以下
一般料金 2700円 2300円
障害者料金 2100円 2000円
割引額 600円 300円

割引の最高額は、本人(大人)と介護者(大人)がスタンダードパスポートを利用した場合で、600円×2人の1200円がお得になります。

第7位 ひらかたパーク(大阪)

ひらパー兄さんでおなじみのひらかたパークですが、割引については入場料のみとなるため、乗物チケットの購入しましょう。パスポートが必要な場合は、一般料金でパスポートを購入する必要があります。

また、割引の適用は身体障害者か知的障害者に限ります。精神障害者手帳をお持ちのかたは割引の適用にはなりません。

割引の適用は障害者本人と付き添いの1名のみです。

大人(中学生以上) 子ども(2歳~小学生)
一般料金 1400円 800円
障害者料金 840円 480円
割引額 560円 320円

割引率は4割引です。

割引の最高額は、本人(大人)と付添い(大人)が入場した場合で、560円×2人の1080円がお得になります。

第6位 ニフレル(大阪)

エキスポランド跡地にできたエキスポシティ内に2015年11月にオープンしたニフレルです。海遊館がプロデュースした自然と生物が織りなす新感覚ミュージアムです。

ニフレルの障害者割引は障害者本人と、介護者1名の入館料金が半額となります。

大人(高校生以上) こども(小中学生) 小学生未満
一般料金 1900円 1000円 600円
障害者料金 950円 500円 300円
割引額 950円 500円 300円

割引最高額は、本人(大人)と介護者(大人)が入館した場合で、1900円がお得になります。

 

第5位 ナガシマスパーランド(三重)

三重県桑名市にあるナガシマスパーランドは、遊園地と温泉、プールが複合したテーマパークです。

ナガシマスパーランドの障害者割引は、入場料のみが割引となりますので、別途乗物チケットが必要です。パスポートは一般料金となりますが、乗物にたくさん乗りたい方は一般料金でパスポートを購入した方が安いかもしれません。

また、割引の適用は障害者本人のみとなります。

割引は湯あみの島という温泉、プール施設にも入場するかによって2種類の割引体系があります。

①遊園地のみ入場の場合

大人(中学生以上) 小学生 小学生以下
一般料金 1600円 1000円 500円
障害者料金 1280円 800円 400円
割引額 380円 200円 400円

②遊園地+湯あみの島入場の場合

大人(中学生以上) 小学生 小学生以下
一般料金 3700円 2300円 1200円
障害者料金 1680円 1040円 580円
割引額 2020円 1260円 620円

割引率は2割引です。

割引の最高額は、本人(大人)が遊園地と湯あみの島の入場券を購入した場合で、2020円がお得になります。

 

第4位 姫路セントラルパーク(兵庫)

姫路セントラルパークは、遊園地、サファリパーク、プール、アイススケート等がそろう複合型テーマパークです。

障害者割引は、障害者本人と、介護者(大人限定)の入園料金が半額となります。別途パスポートチケットや、サファリパークバスチケット等が必要となりますので注意が必要です。

大人(高校生以上) こども(小中学生) 小学生未満
一般料金 3100円 1900円 1200円
障害者料金 1550円 950円 600円
割引額 1550円 950円 600円

割引の最高額は、本人(大人)と介護者(大人)が入園した場合で、3100円がお得になります。

 

第3位 アドベンチャーワールド(和歌山)

アドベンチャーワールドは和歌山県にある、テーマパークです。障害者割引は1デイパスポートが半額となります。

障害者本人と、介護者(16歳以上)の1名に割引が適用されます。

また、アドベンチャーワールドの良いところは、要介護認定を受けている方も割引きの適用となることです。割引率は障害者と同じで1デイパスポートが半額となります。

大人 12~17歳 4~11歳 65歳以上
一般料金 4100円 3700円 2500円 3700円
障害者料金 2050円 1850円 1250円 1850円
割引額 2050円 1850円 1250円 1850円

割引の最高額は、本人(大人)と介護者(大人)が1デイパスポートを利用した場合で、2050円×2人の4100円がお得になります。

 

第2位 志摩スペイン村パルケエスパーニャ(三重)

志摩スペイン村の障害者割引は、1デイパスポート、2デイパスポートに適用されます。

どの場合も本人と介護者1名までが割引の対象となります。

①1デイパスポート

大人 12~17歳 3~11歳 60歳以上
一般料金 5300円 4300円 3500円 3500円
障害者料金 2650円 2150円 1750円 1750円
割引額 2650円 2150円 1750円 1750円

②2デイパスポート

大人 12~17歳 3~11歳 60歳以上
一般料金 6600円 5300円 4500円 4500円
障害者料金 3300円 2650円 2250円 2250円
割引額 3300円 2650円 2250円 2250円

割引の最高額は、本人(大人)と介護者(大人)が2デイパスポートを利用した場合で、3300円×2人の6600円がお得になります。

通常は1デイで行くかと思いますが、その場合は2人で5300円がお得です。

 

第1位 USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)(大阪)

言わずと知れた一大テーマパークであるUSJですが、ハリーポッターができてからはいっそうその人気が増し、今やディズニーランドと肩を並べる、日本の代表的なテーマパークです。

USJの障害者割引はかなり手厚く、障害者本人と、同伴の介助者1名までの1デイスタジオパスが半額となります。割引比較は下の表のとおりです。

大人(12歳以上) 子ども(4~11歳) シニア(65歳以上)
一般入場料 7400円 4980円 6650円
障害者入場料 3700円 2490円 3700円
割引額 3700円 2490円 2950円

はい、本人(大人)と介助者(大人)の2人で入場した場合、3700円×2人の7400円が割引最高額になります。

この金額は日本中のテーマパークの中でも最高額です。

USJはアトラクションの質自体も日本最高レベルですので、障害者手帳でお徳かつ、楽しむにはもってこいのテーマパークでしょう。

ランキングまとめ

それではまとめていきたいと思います。金額は割引額のランキングです

第1位 7400円 USJ (ユニバーサルスタジオジャパン)

第2位 5300円 志摩スペイン村 パルケエスパーニャ

第3位 4100円 アドベンチャーワールド

第4位 3100円 姫路セントラルパーク

第5位 2020円 ナガシマスパーランド

第6位 1900円 ニフレル

第7位 1080円 ひらかたパーク

第8位 1200円 ポルトヨーロッパ

 

はい、まとめますと、やっぱりUSJは太っ腹だなという感想が強いですね。

また、大型で有名なテーマパークほど割引の額が大きい様な気もします。

皆さんも当記事を参考に、もっとお得にテーマパークを楽しみましょう。

また、他の地域の割引ランキングについてはこちらも参考にしてください。

>>東京都内 テーマパーク、障害者手帳割引額ランキング

>>全国編 一大テーマパークの障害者手帳お得度ランキング

それでは本日は以上となります。

Pocket