Pocket

PAK85_ohirunenuko20150109092625_TP_V1

誰しもが、他人に知られたくないことの一つや二つは持っているでしょう。

生活保護を受けていることも、多くの方が他人に知られたくないことでしょう。

では、なぜ他人に知られたくないのでしょう?

生活保護を受けることが「恥」だと思われているからでしょうか?

筆者は、生活保護を受けることを「恥」だとは全く思いません。

なぜなら、生活保護は公的に認められた制度だからです。

何も後ろめたい事はありません。

生活保護を「恥」だと思うことがクセになっている方を筆者はたくさん見てきました。

しかし、「恥」だと思うクセを無くすことで、あなたの今後の生活を、ほんの少しだけ幸せにすることができるかもしれません。

本日はそんな話です。

1 世間はなぜ生活保護が恥だと思っているのか?

生活保護はなぜ、恥だと思われているのでしょうか?

様々な理由が挙げられますが、主な要因は、

① 国民が納めた税金がその原資であること

② メディアで不正受給が横行しているように報じられること

③ なんとなく怠けているイメージ

といったところでしょうか。①の税金が原資だと言うところは全くその通りなのですが、②と③のイメージは、ごく一部の方だけにあてはまる物の様に感じられます。

つまり、一部の不正受給者や、怠けている人がいるせいで、全ての人がそう見られてしまうという集団のジレンマに陥っているのではないかと考えます。

だからこそ、世間の目ばかりを気にする必要はありません。

ほんの一部のイメージのおかげで、制度を真面目に受けているあなたが肩身の狭い思いをする必要はないのです。

生活保護は恥じゃない。生活保護を受けていても、幸せに生きても良いのです。

2 生活保護でも幸せに生きるには

そもそも幸せとはいったい何でしょうか?

幸せに対する価値観の違いは人それぞれにあるかと思います。

財産をたくさん築いた人が幸せだったり、大きな家に住み、何の不自由もないことを幸せだと感じる人もいます。

しかし、生活保護を受けている限り、財産を築くことも、大きな家に住むことも制度上は不可能です。

では、生活保護でも幸せに生きるには、どうすれば良いのでしょうか?

筆者は以下の3つを意識することが大事だと感じます。

1 隠し事をしない

2 生活保護制度についてもっと良く知る

3 ケースワーカーと親密な関係を築く

それでは詳しく記述します。

2-1 隠し事はしない

TSU78_kurayamini_TP_V1

あなたはケースワーカーに隠し事をしていませんか?

隠し事をすると、ふとした瞬間にそのことが脳裏をよぎっていつも後ろめたい気持ちになります。

後ろめたい気持ちがある時って、なんだか心が辛いですよね。

もしあなたが何かを隠している場合、正直に打ち明けたあなたをケースワーカーが責めることはありません。

打ち明けることで心のつかえが取れて、身体が軽くなります。

ウソ偽り無く生きることが幸せな生活を送る第一歩なのです。

また、生活保護を受けていることを子どもに黙っていませんか?

子どもが小学生高学年以上であれば、賢い子なら他の家庭との違いに気ずいているはずです。

いずれは話さなければならないことです。話すなら早めで間違いありません。

 

2-2 生活保護制度についてもっと良く知る

生活保護を受けると、あなたの生活はすべて、生活保護制度によって縛られます。

やってはいけないことがもちろん増えますが、生活保護だから優遇されることだってあります。

どんな制度が、どの様に優遇されるかや、どんな保護費が支給されるのかをあなたは把握していますか?

生活保護でも幸せに生きるためには、制度について熟知し、それを自身の生活に上手く取り入れていくことが重要です。

お得な情報についてはこのサイトに今後も書いていきますので是非参考にしてください。

制度についてマスターしたいという人には、「生活保護手帳」という本がお勧めです。

生活保護手帳は、ケースワーカーが実務をするうえで読む実用書です。

内容は少し難しいのですが、生活保護制度について網羅しています。

大きな本屋や図書館に行けば置いてあるので、時間のある方は目を通しても良いでしょう。

2-3 ケースワーカーと親密な関係を保つ

生活保護を受ける上で、切り離せないのが、ケースワーカーとの関係です。

ケースワーカーも人ですから、いくら公平公正と謳われる公務員でも、受給者との対応の仕方に、さじ加減の違いが出ることは仕方ありません。

そのさじ加減を良いさじ加減に変えるか、悪いさじ加減に変えるかはあなた次第です。

ケースワーカーがあなたの生活を全面的に応援してくれる良き理解者となってくれる場合だってありますし、多少のことには目をつむってくれることだってあるようです。

ではどの様に親密な関係を築くのでしょうか

そのヒントについてはこちらの記事にまとめさせていただきましたので、ぜひ参考にしてください。

>>生活保護ケースワーカーと上手く付き合う4つのコツ

最後に・・・

幸せの感じ方は人によって違います。

しかし、上記であげた3つが上手くいかないことは、幸せとは言えないでしょう。

完璧な幸せであふれた生活とはどんなものかは、筆者にはわかりません。

しかし、今ある不幸せを少しずつ取り除いて日々生活をしていけば、

後で人生を振り返った時に、昔に比べて今は幸せだと思える日が来るのではないでしょうか。

幸せは生涯をかけて、ゆっくり育っていくものなのです。

 

それでは本日は以上となります。

筆者:ねこ忍者
東京在住
生活保護法の研究をしています。
昨年に社会保障関係のNPOを設立し、日々奮闘しております。
生活保護制度について考え、皆さんの役に立てる記事の更新に努めます。

 

 

>>記事一覧へ戻る

>>ホームへ戻る

Pocket