Pocket

LIG_okanebaramakareru_TP_V

生活保護費は原則的に月に1度、1カ月分の生活費が支払われます。

生活保護の窓口支払いの日は、街中の居酒屋やパチンコ屋が儲かるともいわれています。

しかし、もしあなたが、酒に酔っ払い、今日もらった保護費を全て紛失してしまったらどうしましょう。

貯金も無く、食料も無い。

「これじゃあ来月の保護費の支給日までに餓死してしまよ!」

と思われたあなた、

安心してください。

生活保護の制度には再支給の制度があります。

根拠は生活保護手帳 「局第10-4 扶助費の再支給」

という項目に明確に示されています。

それでは、生活保護費が再支給される場合とはどういった場合なのでしょうか。

以下に詳しく説明していきます。

保護費の再支給はコツさえつかめば不正受給に悪用される恐れが非常に高いです。

今回の記事を読んでいる皆さんについては絶対に悪用厳禁です。

1 生活保護費が再支給される2つの条件とは

生活保護費が再支給される条件は以下の2つの場合のいずれかを満たした時に限られます。

 

① 災害により保護費を流失し、又は紛失した場合
② 盗難、強奪その他不可抗力により保護費を失った場合

 

では①から見ていきましょう。

まず、災害により保護費を流失した場合とは、大洪水等によって保護費が流されてしまった場合です。

保護費を紛失した場合とは、例えば大地震により家が倒壊し、保護費がその下敷きとなって回収不可能になった場合があげられます。

または大きな火災により保護費が全て燃えてしまった場合、竜巻によって保護費が吹き飛んだ場合等が挙げられます。

近くで災害があった翌日などは、不正受給者達が自分も災害にあって保護費を失ったとウソをつき、保護費を騙し取るケースが稀にあるようです。

 

次に②です。

盗難、強奪、その他不可抗力により保護費を失った場合です。

こちらについては非常に悪用されやすい条件です。なぜなら①と比べると、支給される条件の定義が広く、再支給するかどうかが役所にゆだねられているからです。

本当に盗まれたかどうかの事実確認については、警察に「遺失届」が提出されたかにより確認されます。

しかし、この「遺失届」ですが、交番に行って

「お金を盗まれました」

と言えば誰もが発行を受けることができます。

つまり、本当に盗まれたかどうかを明確にすることは不可能なのです。

では、どの様にして役所は再支給をするかどうかを決めるのでしょうか。

それは、あなたの証言に客観性があるかどうかに委ねられます。

2 客観性のある証言とは?

客観性のある証言とは、5W2Hがしっかりしており、保護費を盗まれた状況を誰もが想像できる様な明確な証言です。

いつ、どこで、どのように、だれに、なにを、いくら

などの情景や、

保護費はどの様に持ち歩いていたのか?

保護費を盗まれた場所にはなぜいたのか?

その日の予定はどんな予定だったのか?

保護費を盗まれた後にあなたはどうしたか?

といったようなことを非常に細かく細部まで聞かれます。

例えば、保護費を盗まれた後にあなたはどうしたかですが、

本当に保護費を盗まれた場合、誰もがすぐに警察に電話で連絡をします。

つまり、あなたの携帯電話には必ず110番の履歴が残っているはずです。

そのようなことをまるで取り調べのごとく確認されます。

「いやいや、たまたま交番がすぐ近くにあったから電話なんかしてないよ」

というあなた。そんなわけはありません。

交番の近くで強盗を働く盗人がどこにいますか?

少し考えればわかることです。

このように、ケースワーカーは警察並みの鋭いツッコミを繰り返してきます。

しかし、あなたが本当に保護費を無くしたのであれば動じることなく事実だけを述べれば良いのです。

3 再支給されるまでの流れは?

OHT98_asayakenonakakemuritorakuta-_TP_V1

あなたが保護費を紛失したことをケースワーカーに告げた後、

ケースワーカーは係長に報告を行います。

その後、ケース検討会議ケース診断会議などと呼ばれる会議が開かれます。

この会議は週に1回や2週間に1回程度開いている役所が多いのですが、

保護費を紛失した場合、明日の生活に困ることになるので、緊急会議という形で会議が開かれる場合が多いようです。

この会議には、役所の福祉部署の係長や課長といった偉い人が顔を連ねます。

そこで、あなたの証言をケースワーカーが代弁することとなります。

あなたの家庭の状況やこれまでの経歴、

過去に再支給をしたことがあるか、

あなたが保護費を落とした経緯や状況、

あなたの現在の手持ち残金や食料の有無

についてケースワーカーが説明をします。

その説明に客観性があり、保護費を再支給する必要があると判断されれば、あなたに電話連絡が行き、保護費が再支給されることとなります。

4 再支給される金額は?

再支給される金額については日割りでの計算がなされます。

また、家賃や高熱水費を既に支払い済みの場合はその分も差し引かれることなります。

例えば、月の生活保護費が13万円で、そのうち家賃5万円を未払いの場合、

家賃の5万円は全額支給され、残りの8万円が日割り計算となります。

家賃は支払う額が固定なので日割りされることはありません。

 

いかがでしたでしょうか。普通のサラリーマンが給与を落としても会社から再支給されることは絶対にありません。

そのように考えてみると、生活保護制度は非常に融通のきくようにできているのです。

ただし、

ウソをついて保護費の再支給を受けることは立派な不正受給で詐欺罪となります。

絶対に悪用厳禁です。

筆者:ねこ忍者
東京在住
生活保護法の研究をしています。
昨年に社会保障関係のNPOを設立し、日々奮闘しております。
生活保護制度について考え、皆さんの役に立てる記事の更新に努めます。

 

 

>>記事一覧へ戻る

>>ホームへ戻る

Pocket