Pocket

PAK752_akunokyouten15205657_TP_V

生活保護を申請することを考えているあなた

生活保護を受けることでのデメリットに目が行くあまり、申請をためらっていませんか?

本日はそんなあなたのために、生活保護のデメリットが如何に大したデメリットでは無いかを解説したいと思います。

生活保護のデメリットをあげてみる

生活保護のデメリットは大まかに言えば以下のものが該当するでしょう。

1 生活保護の申請が親族にばれる

2 借金ができなくなる

3 貯金ができなくなる

4 車が持てなくなる

それでは、これらのデメリットが如何に大したデメリットではないものかを順に説明していきましょう。

1 生活保護の申請が親族にばれる事は回避できる

0I9A360615032159naisyo2_TP_V

生活保護を申請される人にとって最も悩ましいデメリットが、生活保護の申請が親族にばれるのではないかということです。

生活保護の申請を行うと、役所から親族へ「扶養照会」という通知書が行くことになります。

通知の内容は、「○○さんが現在保護の申請をしているので、経済的、精神的援助を行ってもらえないか」との内容となります。

こちらにより、確かに親族に生活保護の申請がばれることになります。

しかし、実はこの扶養照会なのですが、絶対に親族に送らなければならないものではありません。

親族による扶養ができるかどうかは保護の要件では無いからです。

つまり、何らかの理由があれば、通知を送らないようにすることができます。

何らかの理由とは

例えば、

① 上京等により、出身地を離れてから、10年以上音信不通で、明らかに扶養が期待できない場合

② 生活の困窮に至る過程で疎遠になり、過去1年以上の間、音信も含めて全く交流関係が途絶えている場合

の2点が考えられます。

絶対に親族に保護の申請がばれたくない場合は、上記の2つのどちらかを理由として通知は送らないようにしてもらいましょう。

さらに詳しい情報については別の記事でまとめましたので参考にどうぞ

>>生活保護の扶養調査で親族に申請がばれる範囲とばれない方法

2 借金ができなくなる事はデメリットでは無い

N695_ichimanensatu_TP_V

世間ではよく、生活保護を受けると借金ができなくなるという噂が流れています。

しかし、この様な噂は間違いです。生活保護でも借金をすることはできます。

借金ができるといっても、しない方が得策です。

なぜなら、生活保護を受けるようになれば、あなたの生活は保障されるからです。

医療や介護も無料で受けられますし、転居費用や住宅更新料だって支給されます。

生活保護での生活が始まれば、借金をしなくてはならない状況に立つことはほとんどありません。

あなたがギャンブル狂や、買い物依存症で無い限り、借金なんてする必要が無いのです。

ローンについてはどうなるの?と思われる方もいらっしゃると思います。

例えば、急に冷蔵庫等の大型家電が壊れたという場合です。

そのような場合は生活必需品の購入ということでローンが認められますのでご安心ください。

ということで借金ができないことはデマであり、デメリットではありません。

生活保護と借金、ローンについては以下の2つの記事を参考にしてください。

>>生活保護は借金があっても受けられる!借金返済も違法じゃない!

>>生活保護でもクレジットカードの利用はOK!ローンやキャッシングは?

 

3 貯金をしてはいけないなんて全くのデタラメです

PAK85_kinkaiokanemochi20131005_TP_V

生活保護を受けるデメリットで、良く世間で噂されていることが貯金ができないということです。

しかし、生活保護の規定で貯金をしてはいけないという規定はありません。

東京都の指針をだす、生活保護運用事例集には、自身の最低生活費の6カ月分までは貯金をしても良いことを明確に示しています。

東京都で1人暮らしをする人の場合、最低生活費はおよそ13万円ほどです。

その人が貯金をしても良い上限額は

13万×6カ月=78万円

ということになります。

東京で暮らす4人世帯の場合の基準は、世帯構成にもよりますがおよそ24万円です。

その世帯が貯金をしても良い上限額は

24万円×6カ月=144万円です。

生活保護で貯金をしてはいけないということが如何にデタラメであるかがわかったことかと思います。

生活保護の貯金について、詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

>>生活保護でも貯金ができる?その条件と基準

 

4 車は条件を満たせば持てます

PPG_dourotokurumaminicyua_TP_V

生活保護を受けると、車を持ってはいけないという固定観念を持たれている方が多いようです。

しかし、ある一定の条件を満たせば車を持つことは可能です。

その条件とは

1 山間僻地に住んでいて公共交通機関が全く整備されていない場合

2 事業用として車を利用しなければ、その事業が廃業となる場合

3 身体障害等により、車が無ければ日常生活に支障が出る場合

の3つです。

これ以外の方は車を持つことができません。

しかし、今や公共交通機関が著しく発達し、バスや電車の交通が張り巡らされています。

そのため日常的な生活が著しく制限されることは少ないでしょう。

また、今や宅配サービスが行きとどいている時代です。スーパーまで車でしか行けないという方は、食材の宅配サービスを上手く利用されている方が多いようです。

また、任意保険に加入すれば250CC未満のバイクの所持が認められる場合があります。

よって、車が持てないなんてことは、それが無い生活に慣れてしまえば大したデメリットではありません。

車の所持についてはこちらの記事も参考にしてください。

>>生活保護受給中でも車が持てる3つの条件

 

まとめ

1 生活保護の扶養照会は回避しましょう

2 借金ができないなんて全くもってウソ

3 生活保護でも貯金はできる。ただし上限付き。しかし上限額はかなり高い

4 生活保護でも条件を満たせば車は持てる。ただし、車を持ってなくても代替策を利用して生活は全然できる

 

いかがでしたでしょうか。生活保護のデメリットは全くデメリットではありません。それよりもメリットに目を向けてみてください。

>>生活保護を受給した場合の6つのメリット/えっ、こんなに優遇されるの

両者を天秤にかけると、圧倒的にメリットの方が大きいことに気が付いていただけましたでしょうか?

これらの情報があなたの保護申請の一助になれば幸いです。

それでは本日は以上となります。

筆者:ねこ忍者
東京在住
生活保護法の研究をしています。
昨年に社会保障関係のNPOを設立し、日々奮闘しております。
生活保護制度について考え、皆さんの役に立てる記事の更新に努めます。

 

 

>>記事一覧へ戻る

>>ホームへ戻る

Pocket