Pocket

150711238941_TP_V

生活保護制度は、日本国憲法25条「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を保障される」という条文を根拠としています。

しかし、生活保護費の金額は、都市部の単身者で約13万円と、生活費を切り詰めての節約生活は、決して楽なものとはいえません。

「健康で文化的な生活」とはかけ離れた生活をしている生活保護受給者が多数いるのではないだろうかと筆者は考えています。

そのような現状であなたは考えるでしょう。「生活保護費の金額を少しでも、楽して多くもらえる方法は無いのだろうか。」

そのお悩みの答えは、

「楽して保護費の金額を多くする方法は無いが、ある程度の努力と知恵で生活費の金額を効率的に増やすことは可能」です。ではどのように生活保護費の金額を増やすのでしょうか。

生活保護費の金額の増やし方とは(前談:基礎控除の話)

皆さんは生活保護費がどのように計算されているかをご存知でしょうか。大まかな計算は以下の通りです。

生活保護費= 生活保護の基準 ー (稼働収入-基礎控除-社会保険料-経費) - 非稼働収入

稼働収入とは働いて得た収入、非稼働収入とは手当や年金などの収入を指します。

つまり、あなたの世帯の生活保護の基準から、世帯の収入を差し引いて保護費の金額を計算するのです。

ただし、働いて得た収入の場合は、給与を全額、保護費から引かれるのではなく、経費や社会保険料、基礎控除というものを除いた分が収入として扱われます。

 

基礎控除とは・・・働いて給与を得た人が、働いていない人よりも優遇されるように、収入から控除される金額

 

とでも覚えておいてください。実際はもっと難しい言葉で説明されるのですが、本質はこの説明で足ります。

働いている人も、働いていない人も同じだけの生活費だと、働かない方が得ですよね?基礎控除という概念を設けることで、

「働けば働くほど生活は楽になる。さあみんな働こう!」

と、生活保護受給者の勤労意欲を助長する役割を担うのが基礎控除という概念です。

そう、今回はこの「基礎控除」という概念を上手く利用して、少ない努力で多くの保護費をもらうための秘訣をこれから伝授します。

なお基礎控除をもっと詳しく知りたいと言うかたは以下の記事も参考にしてください。

>>生活保護の基礎控除額表をつくってみた/保護費の金額を計算しよう!

基礎控除の概念をおさえておくと、保護費が手に取るように自分で計算できるようなりますよ。

なぜ基礎控除が生活費の金額を増やすのか

DI_IMG_5780_TP_V

(問題) 生活保護費が満額で13万2千円支給されているAさんがいました。Aさんは先月から仕事を始め、お給与が5万円入りました。さてAさんの生活保護費はいくらになるでしょうか。

① 8万2千円

② 10万400円

③ 13万2千円

 

答えは、②です。

皆さんの中には、給与が5万円入ったのなら、

13万2千円ー5万円=8万2千円

と考えた方が多いかと思われます。しかし、収入の計算の際には基礎控除というものが必ず控除されることとなります。給与が5万円の場合の基礎控除は、基準額表によると18,400円なので、計算としては

生活基準13万2千円ー(給与5万円ー基礎控除18,400円)=10万400円

がAさんの生活保護費の金額となります。

もしAさんが働いていなかったら、生活費は、生活保護費のみの13万2千円だけです。一方、Aさんが働き、5万円の給与を得ることで、生活保護費10万400円と給与5万円を足した15万400円がAさんの今月の生活費となります。どうですか、もう一度言います。

生活保護費のみの場合の生活費・・・13万2千円

保護を受けながら働いた場合の生活費・・・15万400円

つまり、基礎控除18,400円分だけ生活費が増えることとなるのです。

基礎控除は、収入が多くなればなるほどその控除額が増加します。そしてその下限額は15,199円です。

基礎控除額については以下のリンクを参照

基礎控除額表を見てみる

少ない努力で保護費を楽に多くもらうには

さて、ここまでで基礎控除の概念をお伝えしてきました。では生活保護を受ける上で最も効率的な給与額はいくらでしょうか。

 

正解は

15,199円分の給与を稼ぐことです。

前の段落で、基礎控除の下限は15,199円と話しました。つまり、給与の金額が15,199円以内であれば、基礎控除が全額適用され、あなたの生活保護費が減らされることはありません。あなたが頑張った分だけあなたの生活が楽になるのです。

では、「もっともっと多く稼いだら、基礎控除が増えるから。その分だけもっとお得じゃん?」

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、基礎控除は15,199円を超えた後は、収入が4000円増えるごとに、控除額が400円増えるのみなのです。15,199円以上稼ぐと、労働対対価の面で非常に非効率となります。例えば、

15,199円の給与⇒基礎控除が15,199円控除され、収入とみなされる金額は0円となります。

しかし倍額の30,000円を稼いだ場合はどうでしょうか

30,000円の給与⇒基礎控除が16,400円なので、13,600円が保護費から減額されます。

基礎控除の差額は1,201円です

そうなのです。仕事を2倍頑張って働いても、生活費は1,201円しか楽になりません。

10倍頑張った場合はどうでしょう

15万円の給与⇒基礎控除が28,400円なので、121,600円が保護費から減額されます。

基礎控除の差額は13,201円です。10倍頑張っても、たった1万円程度しか生活は楽になりません。

つまり、皆さんの中で、最小の努力で最大限効率的に生活費の金額を増やしたいという人は15,199円を稼ぐと良いでしょう。

ただし・・・

生活保護の制度には、活用できる能力は活用しなさいというルールがあります。あまりに露骨にやり過ぎると、ケースワーカーから増収指導といって、「給与をもっともらえるように努力しなさい」と指導されることになります。バリバリ働ける人は悪用しないでくださいね。

では、本日は以上になります。

 

・おススメ関連リンク

>>≪知らないと損≫生活保護の支給金額が少ないとお悩みの方へ/賢く保護費を増やすコツ

>>生活保護の受給者に絶対おススメ!在宅ワークならお得に保護を受けられます

>>生活保護の高校生がアルバイトをした方が絶対お得な5つの理由

>>生活保護の金額を増やすお得な裏ワザ記事まとめ/生活保護法のスキをつこう!

筆者:ねこ忍者
東京在住
生活保護法の研究をしています。
昨年に社会保障関係のNPOを設立し、日々奮闘しております。
生活保護制度について考え、皆さんの役に立てる記事の更新に努めます。

 

 

>>記事一覧へ戻る

>>ホームへ戻る

Pocket